人気ブログランキングへ

2012年02月12日

完全不労所得(あなたにお金をもらってもらうための希少情報)評価レビューオススメ度

完全不労所得(あなたにお金をもらってもらうための希少情報)評価レビューオススメ度

評価:★★★★★(5/5)
一言:内容に整合性があり実益になる



私たちにはちょっとした世の中の仕組みを知り、活用することで

そこからリターンを得る権利があるのです。



ほとんどの善良な人たちが「知らない」だけなのです!

国や世間という、ものは決して弱者の味方ではありません!



法律や世の中の仕組みは、それを熟知している強者にだけ正当な支給をし、

何も言わなければ何もしてくれません。



これは、私がある友人が旅行代理店を始める、

また最近の例では個人タクシーのライセンス取得、

また、あるものは輸入化粧品会社を立ち上げるときに、

イヤというほど行政のあり方を聞かされました。



私たちは世の中のことの仕組みをもっと理解しなければならないのです。



自分の身を守るためにはどうしても必要なことなのです。



最近の例では、ある工場で働いていた友人がいましたが、

両親の体の都合でその工場を6ヶ月目で辞めざるを得なくなりました。



普通6ヶ月間働くと、無条件で失業保険がもらえると思い、

なんとか親の面倒を看ながら6ヶ月間頑張り通しました。



ところが、実際には彼は失業保険には加入されておらず、

失業保険は受け取れないとニベもない返事でした。



しかし、会社には従業員を雇用保険に加入させる義務があるのです。



そして実際には加入させていないのなら、

過去6ヶ月をさかのぼって加入していたことにできる制度になっているのです。



知らなければ、「そんなものか」と諦めるだけの話です。



私は、見るに見かねて、彼に以上のことを細かく説明してあげました。



そして、次の日彼は私に教えられたとおり、会社に恐る恐るそのことを申し出しました。



どうなったと思います?



あっさりと6ヶ月分の雇用保険の加入手続きをしてくれ、

その後、3ヶ月にわたり支給を受け、その総額は60万円にもなったのです。



まさに申告しなければ一円にもならなかったのです。



あなたにお子さんはいらっしゃいますか?



子供を生んだら、出産一時金として30万円がもらえることを

知っている人はたくさんいると思います。



ところがですよ、働いている女性なら誰もがもらえる出産手当金についてご存知ですか?



例えば給料が20万円なら約40万円がもらえます。



いいですか、この両方を合わせると子供1人生んで70万円もらえるのです。

知っていましたか?



もちろん、わざわざ行政は

そんなことは教えてはくれません。






税金は義務で持っていくのに・・・。



まだ、あります。絶対に知っておいてお得です。

健康保険、国民健康保険に加入していた方が亡くなると、

給料の一ヶ月分、(月給50万円なら約50万円)が支払われ、

その家族がなくなった場合には一律10万円が支払われます。



でも、これも「申請すれば」の話です。



申請しなければもちろん1円も貰えません。



他にも、あります。



「会社を退職すると失業保険がもらえる」 ということはほとんどの人が知っています。



しかし、失業保険の給付中に再就職 が決まると

「あ〜、もっと働かないでお金をもらっていたかったなぁ。」

なんて思っていませんか?



知らない人がほとんどですが、45日以上支給日が残っているのなら、

30日から85日分の再就職手当というのがもらえるのです!



もちろん、手続きをした人のみです!



もらい損ねている人がほとんどではないでしょうか!?



さて、あなたは今まで一体、いくら損をしてきたのでしょうか?



法律や世の中の仕組みとはそういうものです。



何もしなければ1円ももらえません。

だからあなたは、食い物にされる弱者にならぬために賢くならなければいけないのです。



世の中と言うものは、私たちの知らないシステムだらけです。



上記の情報だけでも、当てはまる人からすれば

大変価値のある情報だったと思いますがいかがでしょうか?



今回、私がここでご紹介しているのは、

実際に私が毎月50万円〜60万円を合法的に手に入れている方法です。



これは企業への助成金のたぐいや、不正に行政から取得するものではありません。



完全に個人に支給されるものですし、返済義務はまったくありません。





ただし、条件があります。

以下のような方は、誠に残念ながら対象とはなりません。



無職(専業主婦・学生・失業中・休職中)の方
パート・フリーターの方(日雇い含む)
派遣社員、臨時職員の方
30才未満の方・59才以上の方
自己破産等で法的手続き中の方
住所が定まっていない方
外国籍の方
暴力団関係者
消費者金融に3社以上借り入れがある方



※働いている方の名義を借りられる方もOKです。

例えば主婦の方でしたら、ご主人の名義で・・・

もちろんご本人の承認が必要です。



以下の条件が揃っていれば実践可能です

⇒つづきはこちら
posted by 裏都市伝説 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 裏都市伝説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


人気ブログランキングへ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。